東洋医学とは?

東洋医学とは?漢方とは?

当院では、自然科学を基本とした東洋医学をすすめています。

東洋医学とはインドや中国を中心に発達してきた医学(インド医学・チベット医学・中国医学・漢方の総称)で、身体のバランスを重視した医学といえます。基本的に、気と呼ばれる体内エネルギーの存在が生命の源であり、その流れが人間の健康を左右するという思想に基づいています。日本には室町時代から漢方、鍼灸として実地医療として行われていましたが明治時代になって西洋医学が導入されると、これまで医学の主流だった中国医学が、古臭いものとして片隅に追いやられていきました。
そのため、日本での現代医学は、西洋医学を中心に発達してきました。西洋医学は科学的な手法によって病気の原因(病名)を解明し、それを局所的に取り除くことによって疾患を直接的に治療する方法です。
一方、東洋医学は病人そのものを対象とした全体医学であり、独特な手法により、身体を活性化して自然治癒力や抵抗力、生命力といった人間に本来備わっている回復力を向上させることで、疾患を間接的に治療します。
1

東洋医学の手法と思想

東洋医学の独特の手法とは、漢方薬による薬物療法と鍼灸や気功などに代表される物理療法の2種類があります。これらは経験医療として発達し、先人達の数多くの経験の積み重ねや臨床実験の結果の上に成り立つもので、その治療効果はきわめて高いと言われています。また東洋医学には「養生(ようじょう)」という独特な考え方があります。養生とは自然に逆らわないで、どのようにしたら健康を保つことができるかを考えながら生活することを意味し、食べ物の取り方、呼吸法、心の持ち方、姿勢などが大事であるという思想です。

漢方薬【薬物療法】
漢方薬とは、生薬(しょうやく)とよばれる植物や動物、鉱物などを2種類以上組み合わされて作られたものをいいます。
鍼灸・気功【物理療法】
東洋医学では、体の不調や病気は、体の冷えからくると言われているため、鍼灸・気功により血行を良くして体の冷えをとり、温めます。
養生【独特の思想】
健康を保ちつづける方法を学び、病気にかからず丈夫でいられるように、当院では食事や心身ともに生活指導を行います。

養生【独特の思想】

帯状疱疹、アトピー皮膚炎、にきび、乾癬、メニエル病、めまい、胃酸過多、胃炎、胃潰瘍、肝炎、慢性膵臓炎、不眠症、円形脱毛、各種薬害、低血圧、全身倦怠、ギックリ腰、五(四)十肩、更年期障害、自律神経失調症、尿がもれて困っている老人、夜間頻尿、のどのつまりで困っている人。

ページの先頭へ