診療案内

初めてご来院される方へ

診療までの流れ

01
受付窓口にお越しください。

02
診察申込書に必要事項をご記入ください。

03
診察券保険証と一緒にお渡しします。

04
診察券を診察の際、お見せください。
山崎皮膚科・東洋医学研究所は予約制ではありませんので、診察時間内のご都合のよい時間におこしください。 初診の際には保険証をお持ちくださいますよう、お願いいたします。

診療科目

皮膚科
皮膚におこる疾患すべてに対して専門的な診療をおこなう。アトピー性皮膚炎や湿疹、白癬(みずむし)、皮膚腫瘍、熱傷、膠原病、天疱瘡、乾癬、白斑、皮膚潰瘍、蕁麻疹、ヘルペスなど皮膚感染症、代謝異常症などを対象としています。
アレルギー科
気管支喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性結膜炎、花粉症、蕁麻疹、食物アレルギー、薬剤アレルギー、日光アレルギー、金属アレルギーなどがあります。数が多いことから原因が分からないけど、肌がかぶれたなどご相談承ります。
リハビリテーション科
おもに神経・筋・骨格器系の異常にもとづく運動機能障害者を対象として、治療や訓練を行います。
機能の回復とともに、残された能力を最大限にきひのばすための治療を行い、患者の社会復帰を促します。

受付・診療時間

受付時間
9:00 〜 12:30 ×
13:30 〜 18:00 × 午後2時
まで
×
  • ※休診日:日・祝日
  • ※土曜日午後の診療は2時まで
  • ※毎週木曜日は月に1回、外来診療で休診することがありますので、事前にお電話にてご確認下さい。

当医院で治療する疾患一例

皮膚病
アトピー皮膚炎、にきび、脱毛、化膿性疾患、蕁麻疹、陰部掻痒病、カビの生える皮膚病、進行性手掌角化症、汗庖(難治といわれていますが当院では治ります)
内科的疾患
胃潰瘍、胃炎、逆流性食道炎、痔疾、肝炎、便秘、下痢、排尿の量が少ない、多すぎる、頻尿、遺尿、水音を聞いても尿が漏れる、メニエル病、浮腫、薬の副作用
耳鼻科疾患
メニエル症候群、扁桃炎、鼻咽腔炎、蓄膿症、いびき
整形外科疾患
腰痛、肩凝り、腱鞘炎、こむらがえり、顔面神経麻痺

※検査は西洋医学の機械を使用し、触診(腹診、脈診、経絡を触診)と併用する。

こんな症状やケースでお悩みの方には、漢方治療をおすすめします。

  • * 体質に起因した慢性疾患(喘息、アトピー性皮膚炎など)
  • * にきび、冷え症(冷え性)、しもやけ、慢性便秘など
  • * 一般の医院・病院にかかっているけれどもなかなか治らない
  • * 機能失調にともなう疾患(過敏性腸症候群、偏頭痛、神経性胃炎)
  • * 副作用が多くて長期治療継続困難
  • * 漢方薬での治療をしてもらいたい
  • * 不定愁訴(頭痛、肩凝り、動悸、不眠、心身症、更年期障害など)
  • * 婦人科疾患(生理痛、生理不順など)
  • * 肩こり、腰痛、頭痛、ひざなどの痛みがひどい
  • 上記、症状の中でいずれかに当てはまる方は、また上記以外でも生活指導や食事療法も行いますので、一度お気軽にご相談下さい。

ページの先頭へ