アトピー性皮膚炎の治療方法

アトピー性皮膚炎の治療薬

当院では、アトピー性皮膚炎の治療には肝臓や消化器、呼吸器の機能を穏やかに改善していく漢方薬による治療をすすめています。
処方する漢方薬は、数十種類の中から、症状や体質など一人一人に合わせた薬剤調合、説明を心がけています。
治療に使用される有効な漢方薬の一例として六君子湯(りっくんしとう)をご紹介いたします。

六君子湯(りっくんしとう)

「六君子湯」は中国明時代の漢方書「万病回春」補益門項に記載されている胃腸虚弱者に用いる薬方です。平素より胃腸が弱くアトニータイプ(胃下垂や胃アトニーなど)で、食欲が少なく、食事をとると腹が張りすぐ眠くなる状態、悪心、嘔吐があり、疲れ易く、貧血気味で手足の冷えやすい症状が見られる人に使われます。

 「六君子湯エキス顆粒」は胃腸の弱い者で、食欲がなく、みぞおちがつかえ、疲れ易く、貧血性で手足が冷えやすい人の胃炎、胃アトニー、胃下垂、消化不良、食欲不振、胃痛、嘔吐に効果があります。

六君子湯の処方構成

人参(ニンジン)
ウゴキ科
人参根の乾燥物
半夏(ハンゲ)
サトイモ科
烏柄杓の塊茎
白朮(ビャクジュツ)
キク科
根茎の乾燥物
茯苓(ブクリョウ)
サルノコシカケ科
菌核の乾燥物
大棗(タイソウ)
クロウメモドキ科
成熟果実の乾燥物
陳皮(チンピ)
ミカン科
温州蜜柑等の成熟果皮
甘草(カンゾウ)
マメ科
甘草の根の乾燥物
生姜(ショウガ)
ショウガ科
姜の新鮮な根茎

効能・効果

胃腸の弱いもので、食欲がなく、みぞおちがつかえ、疲れやすく、貧血性で手足が冷えやすいものの次の諸症:胃炎、胃アトニー、胃下垂、消化不良、食欲不振、胃痛、嘔吐

ページの先頭へ