アトピー性皮膚炎について

アトピー性皮膚炎の症状

アトピー性皮膚炎の典型的な症状は年齢と共に変化します。また、同じ年齢であっても、何が原因になっているかによってかなり違ってきます。

一般に、アトピー性皮膚炎は年齢で、乳幼児期には、かゆみが強くジュクジュクした発疹が頭皮や顔面に生じ、徐々に全身に広がり、小児期には、肘や膝の裏側やお尻の皮膚が乾燥して厚くなり、顔も乾燥して耳や唇の一部が切れます。自然に治ることもありますが、慢性化して成人(大人)になっても発赤や腫れが残ることもあります。

また成人アトピーになると、個人差もありますが、湿疹のために色素沈着が避けられず、皮膚が黒ずむ傾向があります。特徴としては、首回りは、衣類による皮膚刺激と汗の影響が強く、線状、さざ波状の色素沈着などが見られます。

健康な肌とアトピー肌の違い

健康な肌

角質層、類粒層に充分なセラミドがあり、水分も保たれていますまた、皮膚の表面が滑らかでバリア機能を十分に果たして居ます。

健康な肌
アトピー肌

セラミドが不足しているので、角質層の細胞の配列が乱れています。そのため水分を保持できずに、カサカサしています。

アトピー肌

アトピー性皮膚炎の原因

西洋医学的に解説するとアトピー性皮膚炎は、「アトピー素因」と「皮膚の生理学的異常」という二つの要因に、ストレス、アレルゲンなどの「生活環境」が加わり発症します。アトピー素因とは、遺伝的にアレルギー反応を起こしやすい体質を指し、家族にアレルギー(花粉症、喘息含む)を持つ人がいる場合(家族歴)、他の花粉症、気管支喘息などのアレルギー疾患に罹患している場合(既往歴)、IgE抗体を産生しやすい、副交感神経優位の状態等が含まれます。

皮膚の生理学的異常とは、ドライスキン(乾燥肌)であるために、バリア機能が低下し、外部からの刺激を受けやすくなっている状態を指します。皮膚の乾燥は皮膚の保湿因子であるセラミドの含有量が低下し、水分を保持できないことが原因です。 アトピーの人は皮膚のバリア機能が健康な人に比べて弱いために、外からの刺激の影響を受けやすくなります。その上、アレルギー反応を起こしやすい体質であるので、刺激の影響は倍増してします。かゆみが起これば、掻いて皮膚のバリアをさらに弱くしてしまうため、悪循環に陥ります。

アトピー性皮膚炎発症のしくみ

アトピー性皮膚炎になる要因と発症のしくみ

しかし、この「アトピー素因」と「皮膚の生理学的異常」を引き起こす背景の多くには、「食生活の乱れ」が関係していると考えています。

たとえば、食生活に欠かせない油を例にとって説明すると、古くから日本人は米食を主食としてきましたが最近ではパン食に偏重した食生活を多く見かけます。パンやクッキー、洋菓子の原料としてどこにでも使われるショートニングですが、これはバターやラードが高価なため、その代用として工場で合成した油のことで、マーガリンも同様です。そのほか食事で摂取するリノール酸(オメガ6)のほとんどは植物油(コーン油、大豆油、ベニバナ油、サフラワー油など)、マーガリン、ショートニングに由来しており、トランス型脂肪酸と呼ばれています。皆さんに馴染みのあるリノール酸を過剰に摂取することにより、リノール酸がアラキドン酸に変異し、やがて悪玉エイコサノイドがつくられ、慢性炎症を引き起こすことが解ってきています。ですから毎日の食生活をパン食から米食に切り替えることから治療が始まることが少なくありません。

ページの先頭へ